慰謝料請求の流れ

これから不倫の慰謝料を請求する際の流れを説明しましょう。まずは慰謝料を請求できる状態かどうかを確認します。そして証拠を集めます。単に不倫をしている疑いがあるというだけでは慰謝料を請求できません。客観的な証拠がなければいけないのです。たとえばメールで肉体関係を示唆しているような内容のものがあるならば、それは証拠となります。あるいは、当人が自白した場合、その音声を録音しておいたり、紙に一筆取ってもらうことで証拠になります。どのようなものが不倫の証拠として成立するのかは弁護士が教えてくれるでしょう。

不倫の慰謝料また、不倫の慰謝料では不倫相手についての情報を集めなければいけません。相手の名前や住所といった情報は最低限必要となるでしょう。場合によってはダブル不倫となっているケースもあるのです。相手の仕事や家族構成などもチェックしておくべきでしょう。

そして、慰謝料の額を決定することになります。これはさまざまな状況を考慮して決めることになります。しかし、相手がその額を認めないこともあり、その場合は訴訟を起こすことになります。基本的には相場や過去の事例を参考にすることになります。実際に請求したあともさまざまな書類を作成する必要があり、時間がかかります。